読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Takeshi Omori thinks so...

Live simply, Do more with less, Life is good.

予測できない事態をアテにしてはいけない。を「遅刻」から考える。

 

 

人間はいつも「たぶん、こうなるだろう」予測、予想をしながら生きている。

 

未来は誰にも分からないのだから、確率はどうあれ、1秒先でも100年先でもなんであれ、未来を想像して生きている。

 

そして、社会はそれを担保にして動いている、と言っても良い。

 

なにか大きな話に聞こえるが、ホント身近な話だと、

 

例えば「遅刻」が良くないのは、その人がいる前提で様々なことが成り立つ未来をみんなが(本人を含め)想定しているのに、

 

それが欠ける、ということは、みんなにとって不測の事態なわけだ。

 

(遅刻する、を予測して想定するのも方法だが、そのクオリティは低くなるだろう)

 

 

では逆に、遅刻する方は何が問題だったのか。

 

寝坊する、電車が遅れる、天候が荒れる、などの予測ができなかったから、と言えるのではないだろうか。

 

どうしても不可避な不測の事態は起こるだろうが、それは稀であり、

 

多くの場合は、予測しようと思えばできるはずだ。

 

前日早く寝る。ちゃんと目覚ましを掛ける。

 

電車やバスの時刻表などをチェックして、他のルートを含めて調べておく。

 

天気予報を見る。荒れる前に出掛けるなどする。

 

その予測を元に、明らかに難しいと判断できる場合には、その旨を関係者に伝えれば、

 

今度は関係者が予測することができるので、リスクは少なく抑えられるだろう。(それでもクオリティは下がるはずだが)

 

 

予測が甘いと、あるいはアテにならない予測をしてしまうと、痛いしっぺ返しが来る。

 

きっと起きれるだろう、

電車は時刻通りなものだろう、

きっと明日は晴れるだろう、

 

根拠のない思い込みは、遅刻のリスクだ。

 

 

 

予測をすることで、例え不測の事態が起こっても、ダメージは低く抑えられるだろうし、

 

確率の高い予測を元にした行動は、安心感が高いはずだ。

 

自分自身のメンタル的な健康のためにも、関係者みんなのためにも、広くは社会のためにも、

 

予測をする習慣をつけると良いと思う。