Takeshi Omori thinks so...

Live simply, Do more with less, Life is good.

不合格になって感じたこと。自分が良いと思っていても、良いと思われるかはわからない。それは基準が違うから。

前回、

 

世間によって決められた正しいは、必ずしも正しいとは限らない、

 

ということを書いたけれど、

 

正しさというのは、基本的に世間が決めたものが優先されるものだ。

 

例えば「試験」というのは、学校なり企業なりが決めた「基準」があり、それに達しているか否かを試すもの。

 

正解があるものがあれば、その基準はブレないが、

 

例えば面接試験だったり、発想や芸術性が問われるものであれば、

 

その基準は試験を与える側の基準になり、

 

受験者の基準で「良い」と感じても、試験側の基準と合わなければ、不合格になる。

 

 

合格したいのであれば、相手の正しさの基準に合わせる努力が必要だ。

 

もし、自分の正しさを優先させたければ、不合格だったとしても、

 

それは「相手の正しさと違った」という結果であるということだ。

 

 

 

と、とある試験に不合格になってあらためて実感したこと。

 

いや、自分を正当化したいわけではなく、

 

不合格の理由、そのフィードバックはとても納得なものだったので不満もなく、

 

むしろ何をもっと意識すれば良いかを知る、自分の成長につながる良い結果だと感じている。