読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Takeshi Omori thinks so...

Live simply, Do more with less, Life is good.

夢見る人へ、夢を見たい人へ、その方法を椎名林檎が教えてくれています

先日のブログ、

 

軽妙洒脱な閉会式から感じるこれからの日本の在り方 - Takeshi Omori thinks so...

 

でも書いたのだが、あらためて椎名林檎の「夢」についての捉え方が面白いと感じて再稿。

 

【リオ五輪】椎名林檎が五輪の舞台であえて使った「あの曲」その意図は

 

この文末にある

 

「今打ち込んでいること、繰り返し鍛錬していることが、どうしたらどのような形で実を結ぶのかというのがイメージができるのは夢があると思う」

 

という言葉は、

 

夢を見る人へはその具体的な実の結び方を示していて、

 

夢を見たい(まだ夢がない、夢が見られない)人にとっては、今やっていることへの〝問いかけ〟になるのではないかと思う。

 

自分自身、今やっていることが、どのような実を結ぶのか、というところまで考えきれてないし、

 

そもそも「打ち込む」「鍛錬している」レベルか、というと足りないと言わざるをえない。

 

このあたりが、自分が「夢を見る資格」にまだまだ達していない状況であることを露わにし、

 

同時に「夢を見る覚悟」の持ち方を教えてくれている。

 

 

まずは今、何かを打ち込もう。

 

何かを繰り返し鍛錬しよう。

 

そして、どうしたらどのような形で実を結ぶのかというのがイメージしよう。

 

それが、夢であると思う。