読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Takeshi Omori thinks so...

Live simply, Do more with less, Life is good.

永遠のヨギーを観て。

f:id:largeforest:20160810205637j:image

 

ヨガナンダ、という「あるヨギー」の人生を、様々な人の証言と記録からまとめたドキュメント映画です。

 

ジョージ・ハリスンスティーブ・ジョブズに影響を与えた人だそうです。

(これがこの映画の最大のキャッチだと思います)

 

 

いろいろと文脈とぶっ飛ばして、思ったことを書くと、

 

このヨガナンダという人は、人の心のことを深く深く知ろうとした人であり、

 

人の心を深く深く理解していた人なんだろう。

 

だから、俗っぽく言うと、人の心をつかむスピーチがうまかったのでしょう。

 

だからヨガという東洋の精神世界の話を、アメリカでは「科学」に置き換えた。

 

それは、その方が、いや、そうしないとアメリカ人の心に響かないことを理解していたから。

 

「脳」や「神経」と「スピリチュアル」をつなげたことが、当時の人たちにとってよほどセンセーショナルだったんでしょう。

 

 

ということは分かったのだけど、肝心のヨガナンダの凄さ、素晴らしさが、イマイチ感じられなかった。

 

なぜだろう?

 

ヨガナンダのことを証言している人たちは、みな誠実だった。

 

しかし、それは彼ら自身にとっての素晴らしさであり、ヨガナンダ自身の素晴らしさとは、すこし違っていたのかもしれない。

 

良くも悪くも、ヨガナンダの言葉や行動は、センセーショナルでありキャッチーであったため、

 

深層のところまでの理解は難しかったのかもしれない。

 

いや、それは証言者たちではなく、この映画をまとめた監督の理解が浅かった…のかも。