読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Takeshi Omori thinks so...

Live simply, Do more with less, Life is good.

いつもと同じ、と思うことは傲慢か怠惰である。

例えば、電車はいつも同じ時間に来るのがあたり前だと思っている。

 

1,2分の遅れでも気になってしまうくらい、電車は正確に時間を守ってくれている認識があるから。

 

でも、よくよく考えると、時刻通りに電車を走らせるって、とても工夫と努力のいることであることは、少し想像力を働かせれば気づけることなはず。

 

 

例えば、ルーティンワークをする際には、いつもと同じようにすれば良い(むしろ、いつもと同じクオリティを求められる)ものだが、

 

しかし、マインドとして、いつもと同じでは、そのクオリティは下がるものだ。

 

「いつもと同じクオリティを保つ」という真摯な気持ちが、正確な「いつもと同じ」を保つ。

 

 

人間は、いつもと同じが好きだ。

 

その方が楽だから。

 

しかし、それは堕落のラクだし、

 

そもそも「いつもと同じ」というクオリティを保とうとしている人まで想像が及ばない、

 

自己中心的な傲慢さか、視野の狭い怠惰さであると思う。

 

 

「いつもと同じ」を大切に。

 

「当たり前」を「ありがとう」に。

 

そう在りたい。