Takeshi Omori thinks so...

Live simply, Do more with less, Life is good.

新しいモノ好きではなく、過去の陳腐化が好きではないかも。

例えばこのブログを書いていると、本業ブログが更新されていなかったりする。

 

何か、もっと別のアプローチで物事を書きたくなってきたので、しばらく更新していないのだけど、

 

それは別に飽きたわけではなく、またネタがないわけでもなく、

 

自分の気持ちでは、より良いもの(ここでは、読者により良い知識を知ったり何かに気づくキッカケになったり)を提供したいという思いがある。

 

しかし、それは他人には分からないし、むしろどーでも良いことであるのも分かる。(ただサボってるか飽きたかと思われるだけ。)

 

 

そもそも、ブログを書くとスッキリした気分になる(自己満足かもしれないが)ことや、

 

子供の頃から「工作」などがすきなものあり、

 

自分はクリエイティブなことをしたい、という性質があると考えている。

 

 

自己分析をすると、同じようなモノを作っても満足が少ないのは、きっと書いているモノに陳腐化を感じているからだと思う。

 

次のステージに行きたい。

 

しかし、書く能力がまだ足りていない。

 

そんな状況になると、ブログが止まる。

 

 

そもそも「同じようなモノ」と言っても、それは自分自身の感覚であり、やはり他人にとってはどーでも良いことで、

 

継続は力というから、陳腐化しようが書き続けて、

 

その中で変容の手段を探し続ける、が正解なんだと感じる。

 

 

良い風に言えば、いつも「より良く」を考えてるし、

 

悪く言えば、言い訳をつけて行動しない自分の正当化をしてるだけ。