読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Takeshi Omori thinks so...

Live simply, Do more with less, Life is good.

「 Do more with Less 」は構造的(ストラクチャル)な問題に適応する。

「 Do more with Less 」の概念を説明している(…と、思われる)動画。(英語は分からない。汗)

 

https://m.youtube.com/watch?v=X8lqnO7aYe0 

 

「 Do more with Less 」の生みの親、バックミンスター・フラーは宇宙全体の構造は、完全無欠な相乗効果と言っている。

 

 

例えば、昔は音楽をたくさん聞くための道具として「ジュークボックス」というのがあった。

 

レコードがCDになり、MDになり(黒歴史?)、そしてフラッシュメモリになり、

 

今ではiPodだ。

 

 Do more :よりたくさんの音楽を、より高音質で、

 

with Less :より省スペース、省エネルギー、軽量、低価格で、

 

聞くことができる。

 

姿形を持つものの方が、その構造は理解しやすい。

 

それ以外は適応するだろうか?

 

 

これを人間の身体で置き換えると、どうなるのだろう?

 

ただ身体を大きくすることは、これに反するように思える。

 

しかし、「Do more」 するために、より大きな筋肉を必要とする場合もある。

 

 

また、人生に置き換えるとなんだろう?

 

断捨離がこれに当たるかもしれないが、「with less」であっても「Do more」が足りない。

 

そう考えると「人間関係」が解だと思う。

 

個人よりチームの方が1人あたりの労力が少なく、たくさんのことができる。

 

 

「 Do more with Less 」、まだまだ考えていきたい。