Takeshi Omori thinks so...

Live simply, Do more with less, Life is good.

「傾向がある」ことを自覚をしよう。受け入れよう。そして対策を立てよう。

 「嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え」にあったのだが、

 

アドラー心理学では人間の特性について【傾向がある】という表現をする。


確かに人は【傾向】に流される。


意識の持ち方、気づきのポイント、得手不得手、クセ、姿勢など、人生の全てに【傾向がある】。

 

そうと知れば、それに対策を立てれば人生は変わる。

 

 

心は不安定なものと知る。

 

すぐに流される。

 

では、どの方向に流されるのか?

 

その方向が「傾向」である。

 

流される自分を受け入れよう。

 

 [関連投稿:受け入れる、という姿勢が足りないかもしれない。 http://g.ua/N5jF

 

 それを、客観的に分析しよう。

 

それが「課題」だ。

 

そうと知れば、それに対策を立てれば人生は変わる。

 

 

心は流されるものだから、

流されない心を作ろうと頑なになるよりは、

少しでも良い方向に流される「傾向」をつくろう。

 

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え